2021年04月12日

はじめてヨドバシドットコムを使ったが

プリンターのノズルが詰まって印刷にムラができるようになった。ブラックだけなので、いまはシアンで代用している。

しかし古い機種なので修理はできないとネットにあった。それで機種交換することにしたのだ。
ヨドバシを選んだのは、値段である。商品は在庫なしでお取り寄せと明示されていた。
しばらくブラックをシオンで代行するので、少々時間がかかってもいいか、という判断だった。
ヨドバシドットコムの登録を済ませ、ファミマで代金を振り込んだのが4月3日だ。
すぐにケータイにメールがきた。詳細は別にと指示されて、クリックしたら、商品の発送準備ができたらまたメールする、とあった。
おなじメールが4日に二度きた。それには「商品発送の状況連絡」とあったから、発送するってことか、と思って詳細をみると、前と同じく「発送手配準備ができたらまたメールで連絡」と変わらない。

一週間たってこのメールである。
不安になる。わたし「ちょっと」とか「すこし」というあいまいな言葉はきらいなので、不安なものは不安だ、と書く。

お取り寄せ商品をネットで購入するというのは、こういう不安を抱える、ということか。
ネットで家電を買うのはおおむね値段の安さである。即使う必要があるものは、お店で購入するに限るわけだ。
そこで両方を比べてみる。店頭で購入するのとネットでの割安の差額だ。
わたしが抱えるこの不安が、その差額と見合うものであるのかどうかだ。

ネットで商品を購入する場合は、相手の顔はみえない。いってみればAIということになる。
わたしの注文は、いまはどこかのケーブルのなかを迷子になっているかもしれない。
そこにそこに交番はあるのだろうか。

アマゾンからメールがあった。
それには冷蔵庫のお届けが済んだ、という連絡が(取り扱い業者から)まだないので、代金請求は止まっている、というものだ。
一方の、ヨドバシドットコムのほうは、商品は届かないのだが、支払いは終了しているのだった。
posted by alashi21 at 07:42| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: