2021年04月28日

ヨドバシドットコムでプリンターを注文、その後

4月3日に代金をコンビニで支払い、購入決定であった商品が、4月24日になっても未入荷というメールが届いた。
次の入荷予定は5月23日というので、これはあまりにもひどいのではないかと感じた。

ひと月待つのは仕方がない、という気持ちがあったが、家内から「キャンセルしなさいよ」と言われて、我慢する気が失せた。
メーカーに電話して、該当商品がメーカーにないものか。ほかの業者では扱っているのではないか、との疑念を晴らすために、メーカーに電話した。
メーカーサイドのダイレクトサービスでも該当商品は在庫がない、と言われた。理由は、新型コロナウイルスの影響で生産が滞っているというのだ。
昨年発売の該当商品は、それだけ売れていたわけだ。

それを受けて、ヨドバシドットコムに電話した。電話番号はメールから指定されたサイトに入ると、注文者の状況が把握できるページに入って、電話番号があった。
つながるまで20分かかった。

電話がつながってからはスムーズに運んだ。注文番号と名前をいうと、向こうではわたしに送られたメールを確認し、まだ発送してないのでキャンセルできるという。
コンビニで支払ったというと、指定の銀行口座に代金を振り込む、といわれた。ゆうちょの店番と口座番号を伝えると、連休前なので連休あとに振り込むがいいか、と訊かれた。
いい、と答えた。
これでキャンセルが済んだ。

該当商品には未練があるが、新型コロナウイルスが終息しないかぎり、店頭に並ぶことはないと思うと、未練は捨てなければならない。

わたしのほかにも、すでに修理期間が過ぎてしまったプリンターを使っている人はおおいだろう。
その愛用しているプリンターが壊れたときには、修理不能と言われ、新機種を探してくださいと言われるのだ。
だが、このコロナ禍においては、ネットで買物をするのはよくよく注意したほうがいい。
在庫あり、という表示でも疑ったほうがいいかもしれない。

とはいえ、わたしの不遇はすべて新型コロナウイルスが原因であって、ヨドバシドットコムに責任を押し付けるわけではない。
キャンセル対応にイライラは解消したのだから。

追加 4月30日
 キャンセル対応した人からは「返金は連休明けの振込になります」と言われたが、たまたまほかの都合で記帳に行ったら、しっかりと入金されてあった。早い対応に誠意を感じた。
posted by alashi21 at 16:38| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: